HOME > カジノ法案。月内提出へ。

カジノ法案。月内提出へ。

カジノ解禁に再挑戦、法案月内にも再提出

 自民党、維新の党、次世代の党は23日、昨年末の衆院解散で廃案になった、カジノを中心とした統合型リゾート(IR)推進法案(カジノ法案)を月内にも国会に再提出する方針を固めた。超党派の「国際観光産業振興議員連盟」(会長・細田博之元官房長官)が週内にも総会を開き、日本人のカジノ施設への入場に一定の規制を講じることを明示した一部修正案を了承する見通し。3党は同案を議員立法として提出する。

 カジノ法案は「(カジノ解禁の)方向性を示す」(議連幹部)ための推進法案に位置づけられる。成立後1年以内をめどに、政府にカジノ運営の不正行為防止策やギャンブル依存症対策などの具体的な制度を盛り込んだ「実施法」の提出を義務づけている。

 前回、国会に提出された法案では「カジノ施設の入場者から入場料を徴収することができる」として、日本人に一定の入場料を課す方針を示していた。修正案では、この点を「入場に関して必要な措置を講じる」などとし、規制の導入をより明確にする。

 安倍晋三首相は、カジノ解禁を軸にした大規模なIR施設の整備を成長戦略の柱の一つに位置づけ、東京五輪が開かれる2020年の開業を目指している。

 ただ、連立与党の公明党には「十分な議論が尽くされていない」(太田昭宏国土交通相)など、カジノ解禁への慎重論が根強く、法案の扱いについて、同党は自主投票に踏み切る可能性も出てきた。

【2015年3月24日 産経ニュース】

オンラインカジノを楽しみたいけど、オンラインカジノに登録するのが不安な方へ

オンラインカジノサイトへの登録は不安がつきものです。私も以前は詐欺サイトや架空請求におびえ、 コンピューターウィルスやスパイウェアなどの噂を聞くと、ゲーミングどころじゃありませんでした。

しかし、オンラインカジノ歴10年の私が実際に多くのオンラインカジノに登録したからこそ 分かったオンラインカジノサイトへの信頼と確かな安全。

その私の体験レポートと、オンラインカジノに関するノウハウを 分かりやすくまとめましたので初心者の方は是非こちらをじっくりと読んでみてください。

>> オンラインカジノサイトの危険な罠と対処法を読むにはコチラをクリック

オンラインカジノ関連のお得なキャンペーン情報

優良オンラインカジノサイト比較 (★)は特にオススメ

オススメ度★★★★★

ベラジョンカジノ(★) | ワイルドジャングルカジノ | 32REDカジノ |

オススメ度★★★★☆

Bwin(★) | Pinnacle | ウィリアムヒル・スポーツ |

オススメ度★★★☆☆ 以下のサイト

インターカジノ | オムニカジノ |

麻雀オススメ

DORA麻雀(★) | Maru-jan |

異色のFX?簡単ギャンブルオススメ

スマートオプション | トレンドオプション |

コメントをお気軽に投稿して下さい!

コメント登録機能が設定されていますが、TypeKey トークンが設定されていません。